FC2ブログ
   
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業妄想

イリューシャのではなくてア○シエちゃんのです!!
既に門外を歩いてるとの情報ですが、ここで門外に出るまでの
妄想をしてみようと思いますvvvv
だって、扉に1枚貼られただけの卒業しますで
その前に一言も告げられてなかったからマジ泣きしてますもん!!
なので、心の準備妄想。

いいですか、あくまでも妄想です!
あんなにすんなりあっさり卒業させてやんねえええええええ!
と、いう気持ちから生まれましたv名前出してるので隠します(爆笑)



『私、卒業することになりましたわ』

それはお茶をしようと誘われて新作ケーキを食べてる最中に告げられた。
最初はおめでとうが直ぐに出なくてじっと見つめていたと思う。
ようやく口を開く事ができたのは、最後の一口をフォークに乗せて
彼女の口元に運んだ時だった。

『おめでとう!』

口元に運ばれた一口サイズのケーキをどうすればいいのか
おろおろしてが意図を察してくれた彼女は
フォークごと食べてしまいそうな勢いで食べ飲み込んだ後に

『ありがとう!』

同じノリで返してくれた。
この後は準備があるからと手を振って背中を見送った。


ー数週間後


午前の講義中、ふと外を見れば彼女の姿が見えた。
もうすぐ卒業してしまうその姿は窓の外を眺めてももう見えなくなる。
そう思ったら、窓を開けて叫んでしまっていた。

『アリシエンテちゃああああああああああああん!!卒業おめでとおおおおおおおお!!』

一緒に授業を受けていた生徒達が何事かとざわつく。
後で先生に怒られるだろうなあと思いながらも続けて

『本当に本当におめでとう!!!おめでとうったら、おめでとうー!!』

大きく手を振れば明らかに動揺している彼女の姿見える。
きっと、大声で叫んでは駄目よとか恥ずかしいから駄目!とかだろう。
気付けば教室の窓は全部開いていて、講義を受けていた仲間達が

『お前卒業なんだってなー!おめっとー!!』
『うわー、一緒に入学した子だ!悔しいなーおめでとう!』
『せんぱーい、卒業試験ってどんなのか教えてくださーい!おめでとう!』

みんなが声をかけている…これは予想外だ。
この騒ぎに気付いた、彼女の傍を通りがかっている生徒や
飛行中の生徒達も声をかけているようで、ぺこぺこ頭を下げている様子がみえる。

その姿を見つめながらようやく気持ちよく見送れる気がしたのだ。










卒業おめでとうアリシエンテちゃん
スポンサーサイト

超自己満足vvvv

青春万歳ソレンティア!!って、ことでvv
講義終わった後でイリューシャ呼び出しくらって
先生のお手伝いさせられるのですが、そこでも萌えを妄想!!

今のうちにしておかないと!
何てたって東京へ展示会へ行かねばならないという現実が待っている。
展示会を華やかだと思ったら大間違い!
オ○ワー○の展示会場所が銀座に近いけど
近いというだけで会場の周りには何もない!!
身になる話ならいいけど、どーせお偉いさんの話に付き合わないといけない罠。
仕事で行くので遊びに行けない!日帰りだもの!
Secre

プロフィール

Yかり

Author:Yかり
お茶が好き、食べること大好き
ゲームも漫画も好き、オタクなり。
世界遺産旅行への計画ねりねり中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。