FC2ブログ
   
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

カードゲーム対戦!!2

ブログではカードゲーム。
学園内ではアウラ・ルドゥスと言葉を分けて使いますねー…小さな拘りです^^
なので同好会あるんですけど参加できません!(融通きかん奴め)
PLとして皆さんが活動してる場所ならとは思ったのですが
キャラでみんな会話していらっしゃるのでこっそり覗かせてもらってます。
えーと、カードゲームは体力・魔力・攻撃力・防御力とありますが
キャラクターの体力・知力・魔力・魅力・徳・名声がどうやって反映されてるのだろうかと思って
パラメーターあがる道具を持たせて見てみたら『魅力→魔力』『知力→防御力』関係してました。
本来、魔法をほぼ使えないはずの黒狐さんが訓練でばんばん魔法を使っています(笑)
そして何度負けたことか!!挑発されまくったので「勝つまでやるもん!!」と言い放ち
一矢報いる事が出来たのは最後の最後でした(笑)


そして基本対戦の相手はナノス君でした!そして、初戦はビクトリー!
相手の戦法を見て目からウロコだったのは、接近戦をするならば転がるカードもしくは
相手を引き寄せるカードをしようして自分のテリトリーに誘えと…!!
慣れてる人達には笑われるであろう私の脳内(笑)
同じデッキでも戦術と対戦相手によっては負けちゃいますね?相性もあるのかなと思いました。
アレシアのデッキはもう何て言うか彼女らしさ満載です!後先考えてない猪突猛進デッキ(笑)
や、私が考えたのも似たようなものだったのですがアレシアは更に上でしたvv
そして2度目の基本対戦は話した事は無いけど知ってる人でした!こちらもビクトリー!
3度目の登録は黒狐さんと訓練しまくって何とか作れたデッキで登録しました…どうなるかな?
練習対戦で鬼畜教授には余裕で勝ったデッキです…かなり運も関係するんだろうなあと思いました。
こういうのはPL的には良いんですけど、世界観で考えるとありえません。
先生に勝つとか会長に勝つとか有り得ない!!
負け台詞見て悶えるのはPLだけですから!!オードリーの負け台詞とか可愛いすぎ!!!
昨晩、黒狐と会う前に鬼畜教授がプライベート対戦にいたのでお邪魔して少しお勉強しました。
?ダさん&Rキ君の狐コンビ容赦ぬえええ^p^狐は容赦ないんですね、わかりました!
M?ナちゃんとは何だかのんびりなほんわか対戦だった気がします。
他にも出入りで色々な人がいました!デッキ変えるのに15分くらいで退散しました。
しかし…あのKYな勢いでの前進とか後退とかどうなってるんでしょうね!!(笑)
特に魔法特化は使用してた時にほぼ魔法をしようせず、前進と後退を繰り返すだけで
イラっときましたv組み合わせ方とか対戦相手のパラメーターも関係してるのなら仕方なし。
慣れてない分このゲームはオマケと思ってやってます。
スポンサーサイト



結構・・・

色々試したりしてるんだね・・・!
やりだしたらとことんなタイプかい!?
そういや、同好会あったね~。色々情報交換してるなら後で覗いてこようvv

しかし、先生に勝てるとか凄いなぁ~。
会長とかパラメーター調整されてるのはわかるんだけど
先生・・・先生の通常攻撃が鬼すぎる・・・(激震)
255とかくらってるよ^^
あれだよ。世界観とか気になるなら、訓練してもらってるって考えるといいかもしれんよー!
まぁ、NPCの負け台詞でそう思えないところもあるかもしれないけど←
セリナがスタンに勝てた時にそう思うようにしたよ。←
まぁ、考え方は人それぞれだけどねw

あの時間

>はとりん
聞いておくれよ、何度負けたか!!
本気で数えておけばよかったと思ったぐらい負けたよ!!(笑)
NPCとの練習対戦は多分全員やったかな?今のデッキに変えてからは半分くらい。
やりだしたらとことんだけど、冷めるのも早かったりね!!(笑)

先生の通常攻撃は半端ないと思います(真顔)
NPCの負け台詞聞いた時はPLしか反応してないから大丈夫やもvv
その訓練はなかったことにしればいいわなあ・・・キャラは『先生、ひどおい(ぷう)』
って、拗ねて怪我した膝とかさすって救護室行くか友達に手当てしてもらってると!
そういう妄想はお手の物だから、いけるいける、わははvv←
Secre

プロフィール

Yかり

Author:Yかり
お茶が好き、食べること大好き
ゲームも漫画も好き、オタクなり。
世界遺産旅行への計画ねりねり中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード