FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京旅行【3日目】

3日目の最初は『北京動物園』です。
何でもこの時期はパンダの抜けが凄いらしくて、お風呂に余りいれないんだそうです!
ガイドさんは先に教えてくれました「パンダ黒トコロはイイデス。デモ白ブブン、チャイロイデス」
沢山いるパンダの殆どが出稼ぎ出てるらしく動物園には8頭だけとの事。
でも、写真を撮るには十分かなと思いましたよ…顔を見せてさえくれれば!
パンダは自分達の餌代をあちこち行って稼いでるんですねえ、人気者は辛いv
入り口に入れば巨大なカラフルパンダの像に出迎えられ、その近くに小さなカラフルパンダが…!
画像 103 コピー←掌に乗せれるぐらいの大きさのパンダ(?)がいっぱいでした!!
大きい方にプーさんとかドラエモンとかスパイダーマンらしきパンダも居て
みんなで爆笑しながら本物を見に行きましたよ?(笑)
朝食時間だったので何とか動いてくれました!最初はお尻ばっかり向けてぐたあっとしていたのですが
笹が出てきた瞬間動いて食べる食べる!うん、やっぱり可愛いですパンダ。
画像 111 コピー 画像 113 コピー



次に向ったのは有名な『天安門広場』です。
ここは警察が50m置きぐらいに居てジロジロ見てるんです。
下手に目を合わせると捕まるそうなのでカメラも出さず、ガイドさんに大人しくついていきました。
警察官を入れて撮影しようものならその場で取り押さえられ、スパイ容疑で尋問受けると聞きました。
前に案内したお客さんの中でそれをやってしまった人が居たそうで、1時間足止めくらったそうな。
かなりピリピリした中を観光客はのんびりテンション高めに見学してます。(仕方ないよね)
私達が行ったのは14日。前日から56本の「民族団結柱」が並べられ始めたのもあると思います。
毎晩14本づつ設置して10月1日の中華人民共和国60周年式典にまでに完璧に仕上げるんでしょうね。
柱の1本1本に民族衣装を着た絵が描かれていました。56の民族をあらわしているのかな?多分。
画像 121 コピー 画像 125 コピー 画像 133 コピー
そのまま、中へ入っていきます。
入り口付近には警察官と上下紺のスーツ白いシャツ、大きなサングラス姿の警察官もいました。
ぶっちゃけ見た目は…捕まるといけないから自重(笑)
私の直ぐ後ろでビデオカメラ撮影してた違うツアーのお客さんが怒鳴られて止められてました。
ひいいいいいいっっ;;
怖いねえと話しながら世界遺産の『故宮博物館』(紫禁城)へ。
ラストエンペラーで有名な場所ですね!
わずか3歳で清朝皇帝の地位についた溥儀の人生を映画化した場所です。
即位の儀式が長かったので3歳の皇帝は粗相をしてしまったそうです。
大切な儀式に粗相をしてしまったのは何なら縁起が悪いとかで清は滅びた説明されても…
こらあ、ガイドー!(笑)
あ、他にもちゃんと説明してくれましたけどね?説明聞きながらあちこち撮影は大変でした!
画像 137 コピー 画像 146 コピー 画像 148 コピー

ここで大きな狛犬発見。雄と雌で対になってて、雌の足元には子供がいるんです。
この子供ジャレついてるんじゃなくて指先に流れる母親のお乳吸ってるんですって。
これも権力の象徴の1つだそうな。
画像 140 コピー 画像 141 コピー←よく見ると足の指を子供が咥えてます

後、屋根に小さな飾りがいっぱいあるなあと見てたら霊獣だと説明してくれました。
あれがいっぱい付いてるほど地位が高いんだそうです。勿論、この紫禁城が一番ですよね。
龍の模様もあちこちに彫られていたり、飾られてたりしました。5本爪は皇帝に使える最高位の龍の証。
皇帝は天の次に偉い者とされるので天子と呼ばれ龍さえ従えていた…とか…凄いなあ中国!!
画像 150 コピー 画像 151 コピー

途中で休憩をして中国で有名な先生が何か書いてくれるということだったのですが
ツアーの中で書いてもらったのは1人だけでした、当然お金を払って書いてもらうんですけどね。
自分の分はいらないけどこの先生の展覧会みたいなのは行ってみたいなあと思いました。
楚画が1番得意で他の書体も色々書けると作品を色々見せてもらいました。
故宮博物館には1週間に1回だけボランティアできてるんだそうです、回数は本当かどうか謎ですけど
でも、もっと見ていたなあという感じでした。写真は撮影できなかったのも残念っ!
休憩も終わって残りをずら?っと見て行きます。限られた時間だったので真っ直ぐ突っ切るコース!
上に上るとか横道それるとか一切できませんでした(笑)
画像 153 コピー 画像 160 コピー 画像 162 コピー 画像 164 コピー←寝室
観光客が1番必死に見てたのが寝室だったような(笑)
3日間だけ皇帝と2人だけで過ごせる部屋です。その後は大奥のような宮へ入ってさあ女の戦い!!
皇帝達の寿命が短かったのもハードワークと大勢妾がいて毎晩毎晩、夜の相手をクジで決めては
頑張っていたからじゃないかとガイドさん笑ってました…精力尽きそう確かに!お疲れ様です。

この後は故宮の全貌を見渡せるという『景山公園』へ行きました。
皇帝の衣装と正妃の衣装を着て15元撮影ができるとあったのですが、時間が!時間がなくて断念!!
景色だけ収めてきたんですけど、遠くはスモッグであんまり…(涙)
画像 168 コピー



最後の世界遺産は『天壇公園』です。
天壇を見るまでの間に歩いてた廊下では多くの観光客と地元の人達?がぎゅうぎゅうでした。
凄く賑やかで廊下を歩いてるのもなかなか楽しかったです。
画像 178 コピー←二胡で演奏は中国らしいなあと思った

天壇は皇帝が天を祭って、農作物の豊作を祈る場所だそうです。
雨が降らなければここで雨乞いの儀式をする。
ここは皇帝が天に願いを申し出る神聖な場所だったんだと思うと空気も少し澄んだように思えました。
何せ…空気が悪すぎる北京っ…!
この建築物は1本の釘も使ってないんだそうです。後、9という数字にとにかく拘って作られてるとも。
建物の周りの柱や階段の数、全て9なんです!古代中国では9は陽数の最大の数であり
至高の存在である天体を表す数として用いられたんだそうです。ちなみに天は0という数字。
内部は四季を例えた4本の柱と1年を例えた12本の綺麗な柱がありました。
画像 180 コピー 画像 184 コピー 画像 187 コピー 画像 189 コピー
故宮と違って屋根が青いのは天の色だからそうです。
黄色は皇帝の色。青が天の色だそうですよ。



この後はオプショナルツアーで京劇も行きました!
なんか、写真も多くなってきたので3日はこれにて終了!残りは後日またあげますねー!
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Yかり

Author:Yかり
お茶が好き、食べること大好き
ゲームも漫画も好き、オタクなり。
世界遺産旅行への計画ねりねり中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。